納得できるaga治療を約束するクリニック

agaは、Androgenetic Alopeciaの略であり、日本では男性型脱毛症のことを指します。人間の髪の毛、特に男性の場合には年齢を重ねると薄くなる傾向があります。薄毛や若ハゲと呼ばれるもので、男性のコンプレックスのひとつとなっています。一方で、長年の悩みであったため研究の進んでいる分野でもあり、1990年代には有効な治療薬が登場し、現在ではクリニックでagaを治療することが可能です。ただし、治療といってもクリニックによってその方針が異なるため注意が必要です。特に一般的な病院では脱毛症の進行を食い止めた時点で成功とみる場合がほとんどで、その結果、発毛を期待して治療を受けても満足いく結果にならない可能性があります。このため発毛までサポートしてくれるクリニックを選ぶ必要があります。

agaの原因と治療薬の種類について

agaを含めて薄毛や脱毛の原因はさまざまです。agaでは、基本的には男性ホルモンによる影響によって進むとされています。これは男性ホルモンが発毛サイクルを阻害するためです。男性ホルモンの分泌は人によって変わってきますが、その多くは遺伝によるものです。aga治療では、この男性ホルモンの働きを抑えるものとしてフィナステリドと呼ばれる成分が含まれた薬が使われます。フィナステリドはもともと前立腺肥大症の治療薬として登場したものですが、副作用で増毛が認められたのでaga治療薬の有効な成分としても使われています。またミノキシジルは降圧剤として開発されたものですが、発毛させたい場所に塗布することで発毛を促すといった効果が認められています。このためaga治療ではフィナステリドとミノキシジルの2種類の成分が治療の柱となっています。

納得できるクリニックを選ぶ基準

有効な成分としてフィナステリドやミノキシジルが登場しましたが、ミノキシジルに関しては市販の育毛剤に含まれておりクリニック以外でも購入することが可能ですが、フィナステリドに関しては処方箋が必要で、クリニックで手に入れるか個人輸入という手段に頼るしかありません。一方でクリニックでもこの薬の登場により容易にaga治療が出来るようになった関係で、多くのagaクリニックが登場しています。しかし、結果が納得できるクリニックは残念ながら限られています。これは進行を止めることでも治療は成功したと看做されるからです。このため発毛まで含めて治療したい場合にはaga専門のクリニックを選ぶ必要があります。特にカウンセリングやサプリメントなど薬だけでなく心理療法や栄養補助といった方法で治療を総合的に行うところの方が納得した結果が得られる可能性が高くなります。